二重瞼埋没法と目頭切開とは

一重瞼を二重瞼にするのに切開法が多く使われ、瞼の脂肪を切開し取り出すという方法で、はっきりとしたラインを作ることができます。最近は、より腫れの少なく元に戻しやすい二重瞼埋没法が最もポピュラーです。また、目元を変えるだけで顔の印象が大きく変わります。自分に自信をつけたい方、もっと明るくはっきりとした顔にしたい方、重く暗い目元が嫌という方は目頭切開もお勧めの方法となります。なかなか自分に自信が持てなかった人が、二重瞼になったことで明るい性格になったということもあります。顔全体の印象は、一重瞼が二重瞼に変わったことでかなり差が出てきます。二重瞼埋没法と目頭切開について紹介しています。

スポンサードリンク

目頭切開は不安を取り除いてから

目頭切開をすることに決めたなら、どのような目が自分に合っているのか、顔の印象がどのように変わるか前もって確認して、失敗のない手術になるようにしましょう。



自分が希望する目元のイメージを伝えることが重要になります。

手術を行なうときに、気になることもいくつかあると思います。

しっかりとしたカウンセリングを受け、不安を取り除いておきましょう。


目頭切開を行っているクリニックは、たくさんあります。

サイトなどよくチェックして情報収集してからクリニックを選ぶといいでしょう。

傷跡が目立たないよう、ラインに沿って丁寧に施術を行いますが、傷跡が目立ってしまい外出できなくなったという方もいますので、確かな技術で信頼の出来るクリニックを選ぶようにすることです。


目頭切開を行なったあと、1週間ぐらいでメイクも出来るようになります。

施術の仕方などによっても変わると思いますが、クリニックの中には、目頭切開の施術後に適したメイクアップコスメを取り扱っているところもあります。

抜糸したあとにメイクが可能となりますが、状態によっては多少の誤差が出てきます。


目頭切開を行なう前にしっかり確認しておきましょう。

目頭切開術後のケア

目と目の間隔が離れていると、目は小さく単調なアクセントない顔に見られる傾向があるように思います。


顔立ちをはっきりさせ、大きい目にしたいとき、目頭切開を受けるのもいいと思います。


目頭切開は、局所麻酔を使って行う手術ですが、目と目の間隔が小さくなり、大きい目にすることができます。

30分から40分ほどで手術は終わり、目頭切開を受けてから5日から7日ほどで抜糸できます。

細い糸を使ってそれを縫い合わせるので、傷跡が目立つことはないと思います。


しかし、手術後、抜糸のために病院に行くことは必要となります。

抜糸が終わるまでは、瞼をさわったりこすったりしないよう十分注意しましょう。

また、飲酒や喫煙も控えたほうがいいようですね。


目頭切開の手術を受けた日からシャワーを使うことができますが、入浴は翌日以降にしましょう。

傷口を保護することは必要なので、トラブルが起きないよう術後のケアがとても大切です。


目頭切開を行ってから3日間ぐらいは傷口を濡らさないようにしないといけません。洗顔や洗髪のときには十分な注意が必要ですよ。


術後の腫れはあまりありませんので、翌日から仕事にも復帰できます。


ある程度赤みが出る場合もありますが、自然に改善されるので気にすることもないと思います。

目頭切開について

目頭切開法とは、目元を美しく変えるための整形方法です。

目と目の間が離れているのが気になる人、目元をすっきり大きく見せたい人などが目頭切開法を利用しています。


目頭切開法は、目頭の皮膚を取り除くことで、目の間隔が狭まり大きな目にすることが出来るのです。

目頭切開法には、内田法やZ法などいくつかの種類があり、希望や状態によって選ぶことになります。


内田法というのは、目頭の皮膚をWの字のような形に切り取り、上下を縫うという方法になります。


Z法というのは、字のごとく目頭をZの字のように切り皮弁を起こして、皮弁の位置を交換するという方法です。




目元を変えるだけで、顔の印象は大きく変わりますよ。


明るくはっきりした目元、自分に自信をつけたいと思う人は結構いると思います。



プチ整形も含めて気軽に整形を受ける芸能人もいます。


安易に整形手術を受けて、こんなハズじゃなかった、と後で後悔する結果などもあります。

目頭切開だけでなく整形術を受けるときはリスクもあるので、事前にしっかり確認してからにしましょう。

二重瞼埋没法で気をつけるべきこと

二重瞼埋没法は、安全で手軽にできる手術です。

しかし、まったくデメリットがないということではありません。
そのデメリットを把握していれば、対策も立てることが出来、リスクも軽減できるのです。


二重瞼埋没法が、どういう施術方法であるのかを確認することも必要ですね。

まったく分からないで手術を受けるのは不安だと思います。
手術をするクリニックでしっかり確認しておきましょう。


二重瞼埋没法は、確かに手軽です。
ただ、向いている人とそうでない人がいます。

瞼の奥に脂肪が少ない人は、二重が作りやすいのですが、瞼の厚い人や腫れぼったい瞼の人は向いていないかもしれません。

最初に訪れたクリニックで出来ないと言われても、すぐに諦めることはありません。

クリニックによって、出来るところと出来ないところがあります。


二重瞼埋没法は、術後の腫れがほとんどないというメリットがあります。

これもすべての人が腫れないというわけではありません。


人によっては、手術のあと数日間は瞼が腫れることもあるかもしれません。

また、糸を埋め込むことによって瞼に異物感を生じるかもしれません。


二重瞼埋没法は、元の状態に戻りやすいというデメリットもあります。

最近では、いろいろな工夫がされて改善されてきていますが、完全な保証ではないので注意しておきましょう。

もし、元に戻った場合、その際の料金など確認しておくことが大切です。

二重瞼埋没法とは

二重瞼埋没法とは、メスを使わない美容整形です。
瞼を引き上げる筋肉と皮膚を糸でつなぐ方法で、人工的に二重のラインを作ります。

瞼の基本動作というのは、瞼を引き上げる筋肉の働きで行われており、この筋肉は一部皮膚と接合しているのが二重瞼となります。

二重瞼には、末広型と並行型があります。
世界的には並行型の二重瞼が多く、くっきりした華やかな印象を与えます。
日本人には、目じりにかけてラインの幅が広くなる末広型の二重瞼が多いようです。


二重瞼埋没法は、糸と瞼を止める箇所を調整できるのでラインを微調整してイメージどおりの二重瞼にすることができます。

二重瞼の整形手術は切開法が主流でしたが、術後の治りも二重瞼埋没法なら短い期間で回復し、目立つ傷跡も残りません。

最近の二重瞼埋没法は、糸が皮膚の中に埋まるように施術するため、外見からでは糸はほとんど目立ちません。

短時間の軽い手術なので、通院する必要もなく次の日から普段と変わりなく通勤や通学できます。

二重瞼が自分のイメージと違った場合でも、糸を取り出すだけで元に戻すことができます。
再度二重瞼埋没法の手術で作り直すことも可能です。
オール電化光熱費